スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ドイツ ニュルンベルク


お正月気分もそろそろ終わる頃ではありますが・・・今更ながら先月ドイツのクリスマスマーケットへ行った時の写真をUPしてみます。

上段:左  フラウエン教会  右  美しの泉
下段:左上 美しの泉の金色の輪(3回転させる間に願い事を唱えると叶うらしい)
下段:右  マーケットの屋台

ドイツにはいくつものクリスマスマーケットがありますが、私達が選んだのはニュルンベルク。一番有名だということでここに決めました。

その日はとても寒くて雨も降っていた上に、土曜日だったせいか、すごい人でした。なので写真は少しだけにして、マーケットを楽しむことに専念。ソーセージやチョコフルーツ(チョコバナナ以外にも色々なフルーツが!)など屋台で目に付くものを次々と食べてみたのですが、どれも美味しかった!独特の素朴な木のおもちゃも可愛かったし、広場で行われていた生演奏も素敵でした!

ニュルンベルクではあまり時間がなく、クリスマスマーケットの他に観光らしいこともしていないのですが、これだけはどうしてもやりたい!と思っていた「美しの泉の金色のリングを回してお願い事をする」というのはちゃんと叶えられました。夕方のマーケットの混みあう時間にはこのリングの前に長蛇の列が出来ているので、ちょっと時間をずらしていくと良いと思います。



このマーケットで前から欲しかった子供用の乳歯入れを発見(写真一番下)!もう一つのは最初に髪の毛をカットしたもの入れるらしいです。子供の予定がある訳ではないのですが、ただ飾っておくだけで可愛いです。
| 旅する | 16:21 | comments(2) | - | ↑TOP
エズ


ニースからバスで20分程の村、エズへ行ってきました。
南フランスには「鷲ノ巣村」と呼ばれる山の頂上や中腹に築かれた村がいくつもあり、このエズもそのうちの一つ。外部の攻撃から守るために作られたそうで、細い通りが迷路のように入り組んでいます。




くねくねとした山道をすごいスピードで走るバス・・・怖かった。
でも眺めは素晴らしいです。




どの建物もとても可愛らしい。暑いけど頑張って来て良かった。




建物の多くは芸術家達のアトリエ兼ショップになっていて、あちこちに目を奪われながら狭い石段を上って頂上を目指します。




芸術は良くわからないけど、素敵なお皿。訳のわからない絵に惹かれてしまいます。(笑)




Le Château de la Chèvre d'Or」というホテル。ここでの食事と景観が素晴らしいと聞いていたので楽しみにしてきたけれど、ランチタイムまで1時間も待てなかったので諦めて帰ってきました。

エズにいたのは約2時間くらい。食事をしたり植物園を見たりしなければあっという間に全部観光できてしまう小さな村だったけど、とても可愛らしくて楽しいところでした。
| 旅する | 23:02 | comments(0) | - | ↑TOP
ニース


ニースへ行ってきました。3泊だけの短い滞在でしたが、海で泳いで、おいしいものも食べて、セールで買い物もして・・・と楽しい休暇になりました。

上の写真は空港からニースの中心部へ向かうバス停の前で。
ニースは蒸し暑くて、待っているだけでくたびれました。時間通りに来ないし・・・ロンドンのバスが優秀に思えたくらい。(笑)




青い空がよく似合います。




ニースのビーチ。沢山の人で賑わっていました。
ニースのビーチはプライベートと公共のビーチに分かれています。公共のビーチはこんな感じでタオルやパラソルなどを皆持参してきます。石でごつごつしているので、タオルを敷いただけじゃ痛くて・・・寝てられませんでした。
連日30℃を越える暑さで日差しも強かったので、ばっちり日焼け止めを塗っていても焼けちゃいました。(泣)海は気持ち良かったけど、塩分が強いのかべたべたするし、石なので足は痛くなるし、ビーチとしてはイマイチだったような・・・。




ホテルには朝食が付いていなかったので、毎日フルーツを買って食べてました。
マルシェは楽しいし美味しい。




マルシェの近くを歩いていたら建物の壁にペイネの絵を発見。素敵!




多分有名なかごのお店。なかなか素敵だったけど、気に入ったものが見つからなくて何も買えず残念でした。マルシェでもかごを持って買い物をしている地元の人が沢山いて、私も真似して買い物したかったのにな・・・。




マルシェの近くで見つけた素敵なお店。可愛らしいオリジナルの食器が沢山あってどれもこれも欲しくなりました。生地が少し売っていたので、1mだけ購入しました。食器も買えば良かったなとちょっと後悔。お店の方もとてもきれいで親切でした。




ニースで手に入れた生地達。旅先で生地を買うのが好きな私。南仏柄やオリーブの絵が描かれている生地など、どれも気に入ってます。これでまた何か作りたいなと思います。
| 旅する | 07:55 | comments(4) | - | ↑TOP
Canterbury


バンクホリデーに入りましたが、イースターホリデーの3日目、カンタベリーに行ったときの写真を今更UPしてみます。(遅っ・・・)
4月16日(日)のイースターデーはクリスチャンにとって重要な日、ということでカンタベリー大聖堂の中へは入れず、外から眺めてきました。
カンタベリーの街はきれいに整備されて、観光者にも歩きやすい街でした。



小さなボートに乗ってカンタベリーの歴史を聞きながら街並みを見て回ることもできるようです。寒そうなので外から見るだけ・・・。



私の英語の先生はカンタベリー出身ということで、カンタベリーに行くことを話すと、おいしいレストランを紹介してくれました。The Goods Shedというこのお店は外観はなんとも素っ気無い感じですが、中の雰囲気は良かったです。期待して行ったのですが、私達は予約をしていなかったため、結局食事は出来ず・・・。人気があるのかも?中にファーマーズマーケットが少し出ていたのでそこでりんごジュースを買って帰ってきました。次回は予約をして是が非でも行こうと思います。
| 旅する | 18:26 | comments(6) | - | ↑TOP
ウィンザー城とイートン


イースターホリデーの2日目、ウィンザー城へ行ってきました。
電車(BR)で1時間くらい。BRは電車内でもチケットを買うことが出来るので、私達は出発寸前の電車に駆け込んで行ってきました。
中はとても広く、オーディオガイド(日本語あり)を聞きながら見て回りました。



これはウィンザー城の裏門(?)からずっと真っ直ぐに続く道で、恐ろしく長いです。歩く気にはなれなかったけど、ちらほら歩いている人も・・・。すごい!




そしてイートン校へ。中には入らず外から見ただけで終了。
ここの制服(燕尾服)が見てみたかったな。
せめてお土産でも・・・といって入ったお店でイートンとは全く関係のなさそうな時計に惹かれて購入してみました。



30分に1本電車があるというのに何故か帰りも駆け込み乗車でロンドンに戻って、Store StreetのBusaba Eathaiでごはんを食べて帰ってきました。ここのSom tam(グリーンパパイヤのサラダ)が好きで毎回食べてます。ちょっと辛いですが、お勧めです。
| 旅する | 18:55 | comments(4) | - | ↑TOP
Dubai
アラブ首長国連邦(UAE)の一都市ドバイへ行ってきました。
寒いロンドンを抜け出して暖かいところへ行きたいということで決めた旅行、
リゾート地ゆえに旅費も沢山飛んでいってしまいましたが、今回は贅沢の旅!と決めて楽しんできました。



夫が一度は乗ってみたいと言っていたEmirates、日本でも大阪から直行便が出ているようで機内のモニターでは日本語も選べ、日本の映画や音楽などをめいっぱい楽しみました。(私はNANAという日本の映画とチャーリーとチョコレート工場を観ました。)食事もおいしかったし、満足。
ただ帰りの便は行きの飛行機と全然違っていけてなかった・・・。




ドバイに着いたら青い空、気持ちいい!
・・・と言いたいところですがデジカメが壊れてしまって写真はほとんど撮れなかったんです。この写真も旅行の終盤に新しいデジカメで撮ったもの。免税の国だし、少しでも写真が欲しいということで奮発して買いました。




ホテルのプライベートビーチ。
海は透き通ってキレイなブルー、砂浜も足が埋まってしまう程やわらかくて、海沿いを歩くだけで心地良い気分でした。貝殻も沢山拾ってきちゃいました。




ドバイにはスークと呼ばれるマーケットがあってゴールドが有名なのですが、お店がありすぎて結局何も買えず終いでした。そのかわりスパイススークでフレッシュ(乾燥前)のバニラビーンズやサフランなどを購入しました。
ショッピングモールも沢山あるのですが、スークから歩いていける(・・・というかタクシー代をケチって頑張って歩いた)BURJUMANというショッピングモールへ。ここは高級ブランド店が多いようですが、私はふらふらと歩いて見つけた小さな冴えないお店でサンダルを買いました。なんと2足でAED175(約5500円)!安い♪

今回の旅はビーチでのんびりしたり、Wild Wadiというウォーターテーマパークもすごく楽しくて満足だったし、夫婦共々アロママッサージを受けたり、ベリーダンスショーを見たり・・・なかなか楽しい旅行でした。
ただまだまだホテル建設ラッシュで少し騒々しいのと、どこへ行くにもタクシーなのがちょっとイマイチだったかな。

ポカポカと暖かい日差しときれいなビーチで癒されてきたのが嘘のように寒いロンドンですが、もうそろそろサマータイムに入るし、早く暖かくなって欲しいものです。
| 旅する | 00:20 | comments(11) | - | ↑TOP
クリスマスマーケット


Lincolnのクリスマスマーケットに行ってきました。ロンドンからは電車で約2時間のところにあります。ヨーロッパ最大ともいわれるクリスマスマーケットとのことで、ものすごく楽しみに出掛けました。

上の写真は大聖堂の写真。大聖堂の前にはツリーが。シンプルな飾りながら雰囲気があって素敵でした。この横の広場でマーケットが開催されています。夜になってライトアップされるとオレンジ色に光る大聖堂とツリーがとてもきれいでした。

ちなみに昼の顔は下のような感じです。上が大聖堂、下はお城です。




マーケットではMulled Wineと呼ばれるスパイスやフルーツが入ったホットの赤ワインやクリスマスの飾り、ホットチョコレートに焼き栗屋さん、子供のための遊園地など沢山お店が出ていてあれもこれもと目移りします。暖かそうな帽子にショールを身にまとうお店のおばあちゃん達の格好がとても可愛らしくて商品よりもまじまじと見てしまったり、あまりの寒さに焼き栗をホッカイロ代わりにしてみたりしながらゆっくりマーケットを見て回りました。




そしてマーケットへ向かう途中に見つけたThe Floral Houseというお店でサンタの人形を買いました。手足がだら〜っと無意味に長いところが何とも言えず可愛いです。写真の左上に全体の写真を付けてみましたが、この長さと可愛さが伝わるでしょうか・・・。



クリスマスの飾りはセルフリッジなどのデパートの方が品揃えも可愛いものも揃っていますが、この雰囲気を味わえただけでも行って良かったなぁと思います。
| 旅する | 03:52 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
ストーンヘンジ


バースに行った後はストーンヘンジに向かいました。
曇っていた空も段々と晴れてきてこんなきれいな空になってくれました。天気がいいと観光も楽しくなるから不思議です。



ストーンヘンジは周りがロープで仕切られていて、すぐ近くまで行くことはできないのですが、どーんとした石達にただただ圧倒されてきました。
バースもストーンヘンジもオーディオガイド(日本語あり)を聞きながらまわるのですが、話が長いっ!有り難き日本語ガイドなのですが、面倒なので殆ど聞かず・・・。2倍速で聞けたらいいのになぁ。
| 旅する | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
バース


上段:左からバース寺院、ローマ浴場
中段:左からローマ浴場に展示してあった泉の神(?)、町で一番古い建物(カフェ)サリー・ランズ
下段:左からロイヤルクレッセント、バース郵便博物館

日帰りでバースに行ってきました。ロンドンからは車で2時間ほどです。
バースは市街地全体が世界遺産になっているだけあって、古くて趣のある街並みが素敵でした。
サリー・ランズというカフェでランチを食べてきました。とても人気があるようで店内はお客さんでいっぱいでした。でもここで食べたアップルパイは・・・冷や汗うぅぅ・・・半分以上残しました。
ローマ浴場もバース寺院も良かったけれど、バース郵便博物館でハガキを選んでいる時が一番楽しかったかなぁ。小さい売り場ですが、可愛いデザインが沢山あって、何枚も買ってきてしまいました。
| 旅する | 22:22 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
リバプール


湖水地方の帰りにリバプールによってTHE BEATLES STORYに行ってきました。
入り口で渡されるイヤホン(日本語あり)を付けて館内を回るのですが、ビートルズの歴史がよーくわかりました。この音声ガイド、全部聞いているとものすごい時間が掛かります。あっという間に1〜2時間過ぎていてびっくりです。終わったあとは少しぐったりします。(真面目に聞きすぎかも?)

折角ここまできたし、とお土産ショップでボールペンを買いました。ボールペンを上下に動かすとビートルズがゆらゆらとAbbey Roadを歩く仕掛けが付いてます。可愛いです!暇な時にはゆらゆらさせて楽しんだりして・・・。今のところかなりお気に入りです!
夫はビールジョッキを購入してました。デカイ&重いです。

高校時代ギターマンドリン部(マイナーですね)だった私。ビートルズの曲も演奏したりしていました。「A HARD DAY'S NIGHT」とか「LET IT BE」とか他にも数曲。懐かしいなー。
| 旅する | 03:38 | comments(2) | trackbacks(1) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
SPONSORED LINKS